FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症(STD)とは?

性感染症(STD)と言う言葉をご存知でしょうか。
性感染症(STD)と言うのはセックスによって人にうつしてしまう病気の事を指しています。
今若い世代の人に「性感染症(STD)」と言う感染症が広がっているようです。
ですからちょっと性感染症(STD)の事について考えてみたいと思います。

以下に性感染症(STD)の事について挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。


まず「HIV」と言うエイズの原因となるウィルス感染について考えて見ましょう。
「HIV感染」と感染症は性感染症(STD)の中の病気の一つになります。
HIVには他に性感染症(STD)にかかっている場合にも感染しやすくなるようです。


次に性感染症(STD)全般に関する事ですが、性的な行為(つまりセックス)によって感染する病気になります。
性感染症(STD)の主だった症状には「性器クラミジア感染症」「淋菌感染症」「尖形コンジローム」「梅毒」などがあります。
性感染症(STD)と言うのは性器から口に感染したり口から性器に感染したりするみたいです。
症状が進むと排尿痛がでてきたり、かゆみやにおいが強くなったり場合によっては水泡が出来たりするみたいです。


だからと言ってあまり不安になりすぎる事はありません。
性感染症(STD)と言うのは予防が可能なのです。
今一番効果的だと言われている予防策はコンドームを使用する事だそうです。
もし性感染症(STD)にかかってしまった場合は早めに専門の医者に診せるようにしなければいけません。
放っておくと重症になってしまいますので注意するようにしましょう。



清らかな交際で結婚を早めるラブアピールノウハウ

クラミジア感染症

性感染症(STD)の一つである「クラミジア感染症」について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。
性感染症(STD)で今最も多いと言われているのが「クラミジア感染症」であると言われています。
原因となるのは「クラミジア・トラコマーティス」と言うウィルスによって引き起こされるみたいで、昔はトラコーマと言う目の病気で流行ったウィルスのようです。
それが目から性器に変わり現在は性器の方が主体となって大流行しているようなのです。
感染する行為としてはオーラルセックスと言う口を使った行為によっても感染するようなので注意が必要になります。
感染して発症するまでの潜伏期間は2~3週間であると言われています。
症状についてですが男女によって違います。
男性の場合は、排尿困難や排尿痛が出る場合があります。
尿道より膿が出るようになり症状が進むによって色も濃くなってくるようです。
症状が進むと前立腺炎や副睾丸炎を引き起こす場合があります。
次に女性が感染した場合の症状ですが、おりものが増えるようになったりとか排尿痛が出るようになったりするようです。
全般的に症状が軽めにしか出ないようなので自分がクラミジアだと気づかない人も多いようです。
症状が進むと不妊の原因になりますので注意が必要になります。
治療方法は抗生物質を使用します。
1~2週間程の治療で治るそうなのですが再感染する可能性も高いので治療する際にはパートナーと一緒に治療する方がベストです。

女性がクラミジア感染症にかかった場合

クラミジア感染症と言う性感染症(STD)は男女ともにかかる病気です。
ここでは女性がかかってしまった場合について説明してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。
女性がクラミジア感染症にかかってしまった場合ですが、クラミジア感染症の症状と言うのは比較的軽いようで感染した人の5人に1人の割合でしか症状が体に現れないようです。
その症状もおりものが増えたり、下腹部痛があったり、不正出血があったりと言う感じでなかなか自覚症状が出ないために気付かないケースが多いようです。
症状が軽すぎるために自覚症状ばかりか医者でさえも気づかない場合があるようですので、感染を見落としてしまうケースが少なくないみたいです。
その結果重い症状を引き起こしてしまうケースもありますので注意が必要です。
また性感染症(STD)はその名の通り感染しますので、気付かないと関係を持った相手にうつしてしまう可能性もある上に骨盤内感染症を起こしてしまう可能性もあり、結果的に不妊症になってしまう事もあるようです。
また症状にかかった状態で妊娠したとしても子宮外妊娠になってしまう可能性も高いですので出産が困難になる場合もありますし、無事に生まれたとしても母子感染を起こしてしまう可能性も高いと言う事になるのです。
クラミジア感染症自体は自覚症状も無く軽いので重く考えないですが女性にとっては妊娠などに関わる重大事項ですので定期的な検診を心掛ける必要があると思います。

こんな症状があったら性感染症(STD)かも

男性の場合ですが、こんな症状が出たら性感染症(STD)の疑いがありますので注意するようにしなければなりません。
尖ったイボみたいなものがペニスに出来るようになった こう言う症状が出たら「尖圭コンジローマ」と言う性感染症(STD)の可能性がありますので注意しましょう。
症状としてはペニスの亀頭部、包皮、陰嚢のあたりにイボみたいな尖った物が出来るようになりますし、女性でも出来るようで女性の場合には膣や外陰部に出来るようになるようです。
このような症状が出た場合はまず病院に行って検査をしてもらいます。
検査をするときにはそのイボを検査する事もありますので、場合によっては切り取るようです。
症状が性感染症(STD)だと診断された場合、レーザー治療や薬を塗るなどの治療によってイボが無くなるみたいですが再発する可能性も十分にあるようです。
また病院に行かなくても数ヶ月でイボ自体は無くなるのですが、悪化するとガンに発展する可能性もあるみたいですので放っておかず病院に行く事をお勧めします。
こういった「尖圭コンジローマ」を予防するにはコンドームが最適だと言う事が知られています。
途中で着けるのではなく、ペニスが勃起してコンドームが着けられる状態になったら、すぐにコンドームを着ける事で性感染症(STD)全般を予防する事が出来るようになります。
またイボが相手の人に触れてしまった場合、相手に感染してしまう可能性もありますので注意するようにして下さい。

性感染症(STD)の病院費用

性感染症(STD)の症状がでるようになったら病院に行くようになります。
この病院費用と言うのはいったいいくらくらいかかるかご存知ですか? 診察を病院やクリニックなど健康保険が適用される場所で受ける場合には、医療負担は他の病気と一緒なので3割負担になります。
この3割を負担する事で治療を受ける事が出来たり薬をもらう事が出来たりするようになります。
ただし性感染症(STD)の場合保険適用外となってしまう検査や治療法もありますのでこの場合は全額負担になってしまいます。
診断をしてもらうときに事前に問い合わせをしてから診断してもらうとおおよその負担額がわかるようになると思います。
ただ病院に行く内容が性感染症(STD)ですので、病院に行く事自体が恥ずかしいとか健康保険証が家族と一緒になっている方も多いと思いますので家族にばれてしまうかもしれないとか考えてしまう場合があります。
こういった場合には病院に相談をして保険を使わないで全額自己負担で診断をしてもらうと言う方法もあります。
この場合は高額になってしまう可能性がありますからきちんと確認する必要があります。
また定期健診みたいな感じで受信される方は保険適用外になる場合もありますので事前に病院などに問い合わせをする必要があると思います。
どちらにしても性感染症(STD)になってしまった場合にはきちんと病院で受診する必要があります。
高いからと放っておいてしまうと悪化してしまう場合もありますので、きちんと受診するようにしましょう。
スポンサードリンク
サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。