FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性に多い性感染症(STD)

性感染症(STD)と一言で言っても実に様々な病気が存在しています。
その殆どが性行為によってうつるようです。
その中でもここでは男性に多く見られる性感染症(STD)について説明してみたいと思います。
淋病 男性によく見られる性感染症(STD)で多く挙げられるのが「淋病」と言う病気だと思います。
これは淋菌と言う病原体が感染して引き起こってしまう病気のようです。
感染してしまうケースとしてはやはり性行為時にあるようで男性器の亀頭部と女性器の粘膜が接触する事により感染してしまうと言うケースが多いようでコンドーム無しでセックスをした場合に多く見られるのではないかと思います。
淋病が発症するのは男性の場合、淋菌が体内に入ってから比較的早く2~5日後に症状がでるようになります。
症状は排尿時の激痛、排尿時に感じる熱さ、尿道から黄色っぽい膿みたいなのが排出されると言った症状がでるようになります。
こういった症状は放っておくと次第に無くなってくるために治ったと勘違いしてしまうケースが多いようですが、実際は治ってはいない方が多いと思いますので症状が出た時点で病院に行って治療する事をお勧めします。
では放っておいたり治療が遅れたりした場合にはどうなるのでしょうか?淋病が慢性化してしまう上に淋菌が尿道の奥に侵入してしまう事により前立腺炎や副睾丸炎と言うような症状も同時に引き起こしてしまう可能性があります。
またこの他にも様々な障害を起こす危険性がありますので早期の治療が望ましいと思います。
スポンサードリンク
サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。