FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性感染症(STD)は妊娠に影響する?

性感染症(STD)の中には感染してしまうと妊娠や出産に影響が出てしまうものがあります。
女性にとっては気になるところですよね。
以下にどういったものがあるのか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。
膣トリコモナス症 トリコモナス原虫が感染する事によって発症する性感染症(STD)です。
主な症状としてはおりものが出るようになり、その色が黄緑っぽく臭いも強いのが特徴です。
また性器のあたりに炎症が起こってしまうとかゆみを強く感じるようになります。
その症状を放っておいてしまうと子宮内や卵管に炎症が拡がるようになっていき、最悪の場合には不妊や流産、早産などを引き起こしてしまう原因にもなりかねないのです。
治療に関しては抗トリコモナス剤などの錠剤を服用する事で大体2週間位で治療する事が出来るようになります。
尖形コンジローム 尖形コンジロームと言う性感染症(STD)があります。
この病気はヒトパピローマウイルスと言うウィルスが原因で感染するもので、症状としてはイボ(先が尖っているのが特徴)が性器や肛門周辺にたくさん出来るようになります。
見た目にイボはあるのですがそれに対して痛みやかゆみと言う症状が出ないために症状を自覚する事が少なく自分が発症しているのに、気付かずに症状が拡がってしまっている事も少なくありません。
しかし症状を放っておくと子宮頸がんの原因になる事もあるために、出来るだけ早めの治療をするように心掛ける必要があります。
スポンサードリンク
サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。